eラーニングでの研修

パソコンを持つ人

eラーニングとはインターネットを利用した研修プログラムです。今までの集合研修は研修の実施時間に加えて会議室等の予約や資料作成に時間や場所が必要とされていました。eラーニングはインターネットを利用することで、研修者全員を集めることなく、業務の合間の時間を利用して研修を実施できます。今では、eラーニングは一般企業はもちろんのこと、大学や高校、さらには塾にも導入されていて、多くのサービスを様々なニーズで展開されています。このように、eラーニングのシステムやサービスも多様化し様々な展開をしているので、数ある中から企業に合ったeラーニングを選定していただきたいです。その中でも、eラーニングを導入する管理者に向けた機能を紹介します。まず、eラーニングで研修者に配布する教材の作成についてです。教材の作成支援機能がeラーニングを選ぶうえで重要になります。今は、教材をPowerPointで作成したものをそのまま教材にできる機能があります。次に、研修者の理解度チェックを行なうためのテストを作成できます。テストの合格点や制限時間の設定をでき、結果をデータ化できるため管理者が理解の深度を把握でき、新しい教材の作成に取り掛かれるので、研修データの管理がしやすくなります。管理者にとって、eラーニング導入により研修プログラムの作成が安易になるのは大変便利なことかと思います。ですが、研修予算に悩まされる管理者も多いと思います。そこで、現在はeラーニングの定額制のサービスがあります。年間で人数に合わせた価格設定になるため、eラーニングでより良い質の研修を定額で受講してもらうことが出来るので、より企業に合ったeラーニングを探してみて下さい。