eラーニングの活用

レディ

社員研修でeラーニングを活用する企業が増えています。従来の社員研修で限界を感じているのであれば、ぜひeラーニングを企業に導入してみてはどうでしょうか。eラーニングは主にインターネットを利用することでの研修となるので様々なメリットが生まれます。eラーニングのいくつかのメリットとして、パソコンを利用して会社の自席で業務の合間に受講をするため時間と場所を取らずに研修を行なうことが出来ます。そのため、管理者は研修会場の手配と設営や資料を用意する必要がありません。eラーニングの導入は会場手配の時間や資料準備のコストカットに繋がります。また、研修を受講者の都合のいい時間に行なえて、分からないところは何度も繰り返し学ぶことができるので、理解を深める時間や機会も多いので高い水準での研修結果が望めます。さらに、今までの集合研修では理解度のばらつきがあっても、研修を先に進めるしか術がありませんでしたが、eラーニングでは受講者の受講履歴や点数などがデータ化されるので、受講者に合わせた研修を行なうことが出来ます。理解度が足りない箇所は進捗度の管理をデータ上で確認できるため、その都度フォローができ、管理者は研修者に説明漏れがなく研修が出来ます。また、受講者も理解度の足りない箇所を復習することが出来ます。そのうえeラーニングでは、業務上でのトラブルや新製品への対応をマニュアル化し、作成したマニュアルを教材として研修が行なえるので、緊急時に周知を兼ねて全社員への指導が行なえます。eラーニングは、一人一人に合わせた研修システムを適切な時間と質で提供出来ます。企業や研修者もデータ化された進捗度と理解度を把握しながら研修を進めることができるので、eラーニングを導入することは管理者や研修者にメリットがあります。